熊本大学 URA推進室

研究広報 > プレスリリース > 支援したプレスリリース一覧

URA推進室で作成支援した研究成果のプレスリリースです

2019年度 2018 2017 2016 2015

  • どの種類の筋肉細胞になるかは酵素「LSD1」が調節
    -酵素とホルモンによる、骨格筋の分化と代謝調節メカニズムを解明-

    2018/03/30
    発生医学研究所 中尾光善教授

    どの種類の骨格筋細胞になるかを決める遺伝子プログラムと、代謝方法を決める遺伝子プログラムとをLSD1酵素が調節する仕組みを解明しました。


  • 二足歩行は血管に悪い?
    -マウスとヒトのバイパス血管「側副血行路」を三次元画像で詳細に比較-

    2018/03/26
    大学院生命科学研究部(医) 有馬勇一郎特任助教

    マイクロX線CTを用いてマウスの下肢血管を三次元で可視化する手法を開発し、下肢で血管が詰まった場合に機能する側副血行路(新たにできる迂回路となる血管)をつきとめました。


  • 飛散花粉の種類と量を化学的に検知することに成功

    2018/03/15
    大学院先端科学研究部 戸田敬教授

    スギ、ヒノキ、マツ、クリなどの樹木ごとに特有な花粉の成分を特定しました。また、大気に浮遊する粒子を捕集したフィルターからこの花粉成分を検出することに成功し、花粉の種類の判別と花粉の飛散量の情報を今までより正確に得ることができるようになりました。


  • 多孔性シリカ材料を用いた抗マラリア薬のドラッグデリバリーシステムの開発に成功

    2018/03/15
    大学院先端科学研究部 速水真也教授

    ドラッグデリバリーシステム(DDS)は、薬を患部まで届けるための重要な手法です。今回、国際共同研究により、世界で初めて抗マラリア薬のDDSの開発に成功しました。


  • 小児遺伝性腎炎の治療薬開発のための高感度・多検体分析システムの開発に成功!
    ~遺伝性難病アルポート症候群の治療薬開発に道筋~

    2018/03/9
    大学院生命科学研究部(薬) 甲斐広文教授

    小児期に発症する遺伝性の腎臓病(アルポート症候群)の原因となるタンパク質(コラーゲン)の異常を高感度で検出する技術を確立し、その異常を是正できる治療薬開発を可能にしました。


  • 悪性脳腫瘍「膠芽腫」の再発・治療抵抗性メカニズムを解明
    -正常細胞を利用するしたたかな戦略-

    2018/03/07
    (前)大学院生命科学研究部(医) 秀拓一郎助教

    きわめて予後の悪い悪性脳腫瘍の「膠芽腫」の細胞と正常細胞が形成する境界領域で、膠芽腫の細胞が再発・治療抵抗性を持ってしまうメカニズムが発生していることをつきとめました。


  • 量子ドットのフォトルミネッセンス評価法を確立

    2018/02/28
    大学院先端科学研究部(工) 木田徹也教授

    触媒や電気化学、光化学等で使用される「ポリオキソメタレート」が、量子ドットの光ルミネセンス(フォトルミネセンス)のメカニズムを分析する技術にも応用できることが明らかになりました。


  • ステージが進行した慢性腎臓病の合併高血圧症の予後改善にアンジオテンシン抑制剤が有効
    ―慢性腎臓病の重症化対策に有用なエビデンス―

    2018/02/19
    大学院生命科学研究部(医) 光山勝慶教授

    ステージが進行した慢性腎臓病を併発している高血圧患者では、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を用いた降圧治療が、他種降圧薬による治療よりも心血管疾患の発症や腎機能悪化などを有意に抑制していることが明らかになりました。


  • 世界初 胎生期マウスの内耳への、ヒトiPS細胞由来細胞の移植に成功
    -遺伝性難聴の治療法開発につながる成果-

    2018/02/8
    熊本大学医学部附属病院 竹田大樹医員

    ヒトiPS細胞( 注1 )由来の内耳細胞を胎生期マウスの内耳へ移植し、体内で細胞が生着したことを確認し、移植した細胞によってヒト由来の正常なタンパク質をモデルマウスの内耳に発現させることに世界で初めて成功しました。


  • 体細胞に多能性を獲得させているのは「リボソーム」であることが判明

    2018/02/4
    大学院生命科学研究部(医) 太田訓正准教授

    酸菌を取り込んだ時に体細胞を多能性幹細胞に変える機能を引き起こす物質が、タンパク質合成装置として知られているリボソームであることを世界で初めて明らかにしました。


  • 海洋性アナモックス細菌を用いた窒素汚染土壌の処理

    2018/02/4
    くまもと水循環・減災研究教育センター 川越保徳教授

    沿岸域の水環境における富栄養化対策として、過剰な窒素負荷による汽水域や沿岸の汚染土壌を浄化する有用な細菌群の適用可能性が見いだされました。


  • 溶存イオン溶質分析の濃縮による感度を向上させる手法をの開発

    2018/01/31
    大学院先端科学研究部(理) 大平慎一准教授

    河川や湖沼、水道水などに溶け込んでいるさまざまな溶存イオンの分析システムの感度を改善する、新しい方法を開発しました。


  • 数十年間も別の花を勘違い 本物の「クロムヨウラン」は花が咲かない

    2018/01/11
    大学院先端科学研究部(理) 澤進一郎教授

    これまでラン科植物「クロムヨウラン Lecanorchis nigricans」として図鑑などで取り上げられていた植物は、「トサノクロムヨウラン Lecanorchis nigricans var. patipetala」という別の植物で、本当の「クロムヨウラン」は、蕾のまま自家受粉するため花を咲かせないという特殊な生態を持つ植物であることを明らかにしました。


  • 難病「ミトコンドリア病」発症の原因解明~治療薬の開発に道筋~

    2018/01/11
    大学院生命科学研究部(医) 魏范研准教授

    機能性アミノ酸の一種であるタウリンがミトコンドリア内外におけるタンパク質の産生と品質維持に重要であり、ミトコンドリア病の発症機構の一端となることを明らかにしました。


  • 肺難病疾患において亜鉛の供給メカニズムの破綻が病態に影響している事が判明

    2017/12/27
    大学院生命科学研究部(薬) 甲斐広文教授

    肺の難病の原因追求に取り組み、必須微量元素の一つ「亜鉛」の肺細胞への運搬異常が、閉塞性肺疾患の病気の進展に重要であることを世界で初めて明らかにしました。また、その詳細な機序にmRNAの連結異常(mRNAスプライシング異常)が関わっていることを証明しました。


  • 医師主導治験を経て、けいれん性発声障害の医療機器「チタンブリッジ」が薬事承認(先駆け指定制度薬事承認第一号)を取得

    2017/12/18
    (前)医学部附属病院 讃岐徹治講師

    内転型けいれん性発声障害の手術に用いられるチタンブリッジが薬事承認されました。


  • 精子の受精能力を10日間維持する冷蔵技術
    ―遺伝子改変マウスの国際輸送方法に技術革新―

    2017/11/24
    生命資源研究・支援センター 竹尾透講師

    マウス精子の受精機能を10日間維持する冷蔵保存技術の開発に成功しました。遺伝子改変マウスの国際輸送に応用することが可能です。


  • 宇宙最初の星を探る電波望遠鏡MWAの拡張完了

    2017/11/21
    大学院先端科学研究部(工) 高橋慶太郎准教授

    オーストラリアに設置された大型電波望遠鏡MWAの拡張工事が完了し、大幅に感度が向上しました。137億年前の宇宙最初の星誕生の謎に挑みます。


  • 多能性幹細胞を用いて胎児腎臓の高次構造を再現
    ~腎臓の再生に向け前進~

    2017/11/10
    発生医学研究所 西中村隆一教授

    マウスES細胞およびヒトiPS細胞から尿管芽を人工的に誘導する方法を確立し、これまで再現が困難だった腎臓本来の「高次構造」の再現に成功しました。


  • 光で抗菌作用をコントロールできる銀ナノ粒子を開発

    2017/11/2
    大学院先端科学研究部(工) 新留琢郎教授

    抗菌作用を持つ銀ナノ粒子を用いて、光を照射した部位のみで抗菌作用を発揮させることができる技術を開発しました。


  • 認知症予備群はヒトの顔を覚えるのが苦手
    ―視線計測を用いた研究で明らかに―

    2017/10/31
    文学部 積山薫名誉教授

    度認知障害の高齢者は、健常高齢者に比べてヒトの顔を短期的に記憶する能力が特に低下しており、また、顔を記憶する時の視線行動に異変が生じていることがわかりました。


  • 特定銘柄の騰落に左右されにくい新たな株価指数を設計

    2017/10/17
    大学院先端科学研究部(工) 岡島寛准教授

    特定銘柄の騰落に左右されにくい株価指数の設計に関する基礎研究成果を発表しました。


  • 植物の重要な機能を担う「ペプチドホルモン」の解明に役立つ遺伝研究材料コレクションを作成

    2017/9/27
    国際先端科学技術研究機構 石田喬志助教

    ペプチドホルモンは多くの生物で様々な役割を持つ重要な物質です。ゲノム編集技術を用いて、ペプチドホルモンの一種である「CLEペプチド」を網羅的に破壊した遺伝資源コレクションを作成しました。


  • 酸化グラフェンナノシートを重ねるだけで、シート間に“圧力”が発生することを発見!

    2017/9/25
    大学院先端科学研究部(工) 大谷亮助教

    “酸化グラフェン”ナノシートを重ねるだけで、シート間に圧力が発生することを発見しました。更に、熱処理により層間距離を縮めると、より高い圧力がかかることを明らかにしました。


  • 家庭でも失敗しない、ラン人工栽培キットの開発—種子発芽から開花まで—

    2017/9/19
    大学院先端科学研究部(理) 澤進一郎教授

    栽培の難しいランを種から簡単に育てることができる人工栽培キットの開発と、そのキットを用いた共生菌の同定に成功しました。


  • 黄砂飛来の翌日に急性心筋梗塞が増える可能性

    2017/9/4
    大学院生命科学研究部(医) 小島淳特任准教授

    抗心不全薬として海外で使用されている新薬「LCZ696」に急性心筋梗塞後の心破裂と心不全を防ぐ作用があることを基礎的研究によって明らかにしました。


  • 新薬で急性心筋梗塞後の心破裂を防ぐ!-抗心不全薬の新たなる可能性-

    2017/9/1
    大学院生命科学研究部(医) 石井正将医師・海北幸一准教授

    抗心不全薬として海外で使用されている新薬「LCZ696」に急性心筋梗塞後の心破裂と心不全を防ぐ作用があることを基礎的研究によって明らかにしました。


  • 今までにないエイズウイルス感染細胞除去法の開発
    -エイズ完治への第一歩-

    2017/8/22
    大学院生命科学研究部(薬) 藤田美歌子准教授

    新しいエイズウイルス感染細胞除去法を開発しました。ウイルス感染細胞に今回開発した新たな化合物「L-HIPPO」を導入すると、ウイルスの出芽が抑えられ、ウイルスが細胞内に閉じ込められて出てこられなくなります。その細胞は細胞死を起こして自然に死ぬ仕組みです。


  • 消化管での吸収を促進させる「小腸透過ペプチド」を発見!
    -バイオ医薬品の経口投与薬開発に期待-

    2017/8/21
    大学院生命科学研究部(薬) 伊藤慎悟助教

    高分子であるバイオ医薬品の消化管吸収を促進させることが可能な、「新規小腸透過ペプチド」を発見しました。注射剤しか選択肢のなかった薬剤の経口投与薬開発が期待されます。


  • 世界初!白色中性子線を用いて微量な軽元素を含む物質の
    超精密原子像取得に成功-機能性材料の性能向上に貢献-

    2017/8/18
    大学院先端科学研究部(理) 細川伸也教授

    原子レベルの精密構造解析手法として新たに「白色中性子線ホログラフィー」を開発しました。軽元素の不純物構造解析や機能性材料での機能発現の解明に貢献が期待されます。


  • 不整脈で使用する抗凝固薬の種類によって血栓形成速度が異なることが判明
    - 副作用である脳出血発症の違いの要因か? -

    2017/8/08
    大学院生命科学研究部(医) 石井正将医師・海北幸一准教授

    不整脈の1つである「心房細動」で抗凝固薬を服用中の患者において、血栓形成の過程を観察したところ、従来のワルファリンや近年普及している新規の抗凝固薬の種類によって、血栓の形成速度が異なることを明らかにしました。


  • 世界初! ゴキブリに種子を散布してもらう植物

    2017/7/27
    大学院先端科学研究部(理) 杉浦直人准教授

    「ギンリョウソウというツツジ科の植物が、モリチャバネゴキブリに果肉を提供するのと引き換えに種子を散布してもらうという“ウィンウィンの関係”(相利共生関係)」を発見しました。


  • 細菌感染が貧血や白血病を引き起こす可能性:
    細菌感染が造血幹細胞に与えるストレスを解明

    2017/7/26
    国際先端医学研究機構 滝澤仁特別招聘教授

    細菌感染が骨髄にいる造血幹細胞を活性化し、強制的に増殖を誘導するストレスを与えて血液を産生する能力を著しく低下させることを見出しました。


  • 植物寄生性線虫が農業における幹細胞活用にブレイクスルーをもたらす可能性

    2017/7/13
    大学院先端科学研究部(理) 澤進一郎教授

    植物に寄生する植物寄生性線虫は、植物の幹細胞を巧みに操り、根に自分の巣を作らせていることが明らかになりました。


  • ヒトゲノムに組み込まれた古来のレトロウイルスがHIV-1感染からヒトを守っていた!

    2017/6/27
    大学院生命科学研究部(基礎系) 門出和精助教

    HIV-1粒子の放出効率や感染力が、古くからヒトのゲノムに組み込まれているウイルス「HERV-K」に特異的な抗原によって妨げられることを見出しました。


  • ギリシア古代劇場には移動式の木造舞台が存在したことが明らかに

    2017/6/19
    大学院先導機構 吉武隆一准教授

    古代ギリシアの劇場「メッセネ遺跡」の調査により、当時、移動式の木造舞台が存在したことが明らかになりました。移動式の大掛かりな舞台装置が、紀元前の時代から存在していた可能性が高いことが判明しました。


  • 希土類元素の使用を低減する新しい排ガス浄化触媒コンバータを開発

    2017/6/2
    大学院先端科学研究部(工) 町田正人教授

    自動車などによる有害な排出物を低減する方法に、「三元触媒コンバータ」があります。この装置にはレアアースであるセリウムを使用する必要がありますが、セリウムは近年価格が上昇しています。このセリウムの量を減らし、セリウムに代わる代替物質を使用した新たな排ガス浄化触媒コンバータを開発しました。


  • 平板に衝突した滴の濡れ面積が新理論で予測可能に!

    2017/5/25
    大学院先導機構 米本幸弘助教

    平らな固体物質の表面上に衝突した液滴の濡れ広がり面積を、定量的に予測する理論式を導き出すことに成功しました。


  • エイズ患者で発生するリンパ腫の原因遺伝子を特定!
    ~既存薬が治療に有効である可能性が明らかに~

    2017/5/11
    エイズ学研究センター 岡田誠司教授

    酵素hMTH1において、複数の基質を識別して触媒反応をおこす仕組み(幅広い基質特異性)が熊本大学等の共同研究によって明らかになりました。


  • 細胞の力学的特性をマイクロデバイスによって測定するための手法を開発

    2017/5/10
    大学院先端科学研究部(工) 中島雄太准教授

    侵襲性を最小限に抑えるため、非常に薄くて柔らかい隔膜を細胞圧縮のために使用した装置を開発しました。細胞圧縮をリアルタイムで観察することができます。


  • バイオ燃料を微細藻類から高速かつ低エネルギーかつ持続的に抽出

    2017/4/28
    パルスパワー科学研究所 ハミド・ホセイニ教授

    微小藻類の細胞ではなくマトリックスをターゲットに、マイクロ秒よりさらに短いナノ秒のPEF(nsPEF)を用いることで効率的な炭化水素の抽出に成功しました。