熊本大学 URA推進室

研究広報 > プレスリリース > 支援したプレスリリース一覧

URA推進室で作成支援した研究成果のプレスリリースです

2019年度 2018 2017 2016 2015

  • 土器はタイムカプセル
    4,300年前の日本の土器からゴキブリの卵の痕を発見

    2016/2/21
    文学部 小畑弘己教授

    4,300年前の日本土器片からゴキブリの卵の痕が発見されました。熊本大学によるX線やCT、走査型電子顕微鏡を使った土器の最新調査で、日本の古代人の生活が次々に明らかになっています。

  • 急性心筋梗塞後の心破裂を防ぐ遺伝子を同定

    2015/8/3
    大学院生命科学研究部(医) 泉家康宏助教

    長寿遺伝子として知られるサーチュインのひとつSirt7に心筋梗塞後の心破裂を防ぐ作用があることを、遺伝子改変動物を用いた基礎的研究によって明らかにしました。

  • 二つの薬の併用で冠動脈プラークを劇的に退縮
    -心筋梗塞発症予防に向けた新たな治療法-

    2015/7/28
    大学院生命科学研究部(医) 辻田賢一講師

    標準的な脂質低下治療薬「スタチン」と併用してコレステロール吸収阻害薬「エゼチミブ」投与することで、標準的な治療に比べて強力な脂質低下効果と冠動脈プラーク退縮(縮小)効果がみられることを、臨床試験によって明らかにしました。

  • 日本人では肥満の基準を満たしていなくても PNPLA3遺伝子に変異のある人は脂肪肝を発症しやすいことを証明

    2015/7/23
    大学院生命科学研究部(薬) 鬼木健太郎助教

    PNPLA3遺伝子に変異がある人では、たとえ肥っていなくても、脂肪肝やそれに関連する腎機能障害の発症リスクが高いことを、人間ドック受診者を対象とした臨床研究により初めて明らか にしました。

  • 1 匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功!

    2015/6/1
    生命資源研究支援センター 中潟直己教授

    過剰排卵誘起法を開発し、1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功しました。これまで、遺伝子破壊マウス(ノックアウトマウス)のバックグラウンドであるC57BL/6系統マウスにおいて、通常の過剰排卵誘起で得られる卵子数は平均20個前後でした。

  • 乳がんの治療抵抗性の仕組みを解明

    2015/4/30
    発生医学研究所 中尾光善教授

    高速シーケンサーの解析を用いて、ヒトの乳がん細胞のホルモン療法耐性化の機序を初めて解明しました。

  • DNA 上にナノサイズの「スイッチ」
    熊大グループ、バイオテクノロジー新基盤技術を確立

    2015/4/7
    自然科学研究科 井原敏博教授

    金属イオンを繋ぎ手にしてループ状(Ω型)となる人工DNAを独自に作成し、これにより今回、金属イオンを引き金にターゲットDNAの配列を編集し、好きなタイミングで機能をON・OFFと切り替えるスイッチを作製することに世界ではじめて成功しました。