アマビエ研究推進事業

趣旨 Concept

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威は、世界中で拡大しており、数年単位の長期戦も予想されています。

 現代社会における人類最大の課題と言っても過言ではない新型コロナウイルスに関するさまざまな課題に対して、熊本大学は英知を集結させ解決策を模索します。令和2年7月、新型コロナウイルスの課題解決を目指した熊本大学の研究を支援する「アマビエ研究推進事業」がスタートしました。

 新型コロナウイルスのしくみや感染を防ぐ方法、新型コロナウイルスによって変化を求められている社会のあり方や教育についての研究を推進し、研究大学として研究成果をいち早く社会に還元して参ります。

採択課題 Research

ウイルスを
理解する

新型コロナウイルスの感染制御に関わる新たな自然免疫型T細胞の同定

ヒトレトロウイルス学共同研究センター

講師 本園 千尋 researchmap

ウイルスを
理解する

新型コロナウイルスSARS-CoV-2感染における宿主防御因子APOBEC3ファミリータンパク質の役割の解明

ヒトレトロウイルス学共同研究センター

准教授 池田 輝政 researchmap

ウイルスを
理解する

活性イオウを基軸とするCOVID-19重症化に対する新規治療剤の開発

大学院生命科学研究部(医)

教授 澤 智裕 researchmap

ウイルスを
理解する

COVID-19 病態悪化に直結する血管凝固・炎症の原理解明と防止法の開発

生命資源研究・支援センター

教授 南 敬 researchmap

ウイルスを
理解する

SARS-CoV-2のヒトへの適応進化について

大学院生命科学研究部(医)

助教 門出 和精 researchmap

感染を防ぐ

ACE2発現型の細胞外ベシクルを囮(デコイ)に用いるウイルス感染防御

大学院先端科学研究部(理)

教授 斉藤 寿仁 researchmap

感染を防ぐ

植物ベンサミアナを用いたVHH型抗SARS-CoV-2抗体の生産

大学院先端科学研究部(理)

教授 澤 進一郎 researchmap

感染を防ぐ

酸化グラフェンを用いた抗菌・抗ウイルス性素材の開発

大学院先端科学研究部(理)

教授 速水 真也 researchmap

感染を防ぐ

新型コロナウイルス感染粒子を用いたCOVID-19の予防・診断・治療法の開発

大学院生命科学研究部(医)

教授 押海 裕之 researchmap

感染を防ぐ

がん免疫の知見を応用したCOVID-19排除法の開発

大学院生命科学研究部(医)

教授 諸石 寿朗 researchmap

感染を防ぐ

抗SARS-CoV-2抗体を指標としたCOVID-19重症化マーカーの探索と市中感染動向の解析

大学院生命科学研究部(医)

准教授 安永 純一朗 researchmap

感染を防ぐ

新型コロナウイルスの吸着・侵入を阻害する新薬開発のためのVLPを利用したアッセイ系の確立

大学院生命科学研究部(医)

准教授 前田 洋助 researchmap

ウイルスと
教育

ユニバーサルデザインの視点を踏まえたオンライン授業ガイドラインの作成

大学院教育学研究科

准教授 菊池 哲平 researchmap

ウイルスと
教育

どんなときも子どもの豊かな学びを進め、実践研究を止めない学校のシステムづくり

熊本大学教育学部附属小学校

副校長 森 毎恵

ウイルスと
教育

児童の音楽学習を保障し深めるためのリモート学習ならびにデジタル音楽鑑賞教材の構築

大学院教育学研究科

准教授 瀧川 淳 researchmap

ウイルスと
教育

“チームFTK”による新しいスクール・ライフ創造への挑戦-ポスト・コロナ期の教育情報化の推進と波及-

大学院教育学研究科

教授 八幡 彩子 researchmap

ウイルスと
教育

COVID−19の影響による中学生の不安構造の解明と主体性を核とした自己回復力を育む遠隔授業の開発

大学院教育学研究科

教授 大塚 芳生

ウイルスと
教育

コロナパンデミックにおけるADHD児の不登校を予防する感覚セルフマネジメントシステムの開発

大学院生命科学研究部(保)

教授 大河内 彩子 researchmap

ウイルスと
社会

AI技術を用いたCOVID-19アウトブレイク監視システム

大学院先端科学研究部(工)

准教授 尼崎 太樹 researchmap

ウイルスと
社会

新型コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによる心理・社会的変化

大学院人文社会科学研究部

准教授 西川 里織 researchmap

ウイルスと
社会

遺伝子改変マウスの緊急避難を可能にする簡易精子凍結保存法およびオンライン指導システムの構築

生命資源研究・支援センター

教授 竹尾 透 researchmap

ウイルスと
社会

withマスク時代のコミュニケーションに関する基礎研究

大学院生命科学研究部(保)

教授 前田 ひとみ researchmap

寄付について Donation

 新型コロナウイルスは、世界中で未曽有の感染者と死者を出し続けていると同時に世界経済をまさしく大恐慌へと陥れております。しかも、このような状況は、第二波、第三波へと続き、長期になることが予想されています。このような状況に対して、本学はその理念に基づき、将来を担う人材の継続的育成と世界的課題解決を推進するため、従来の熊本大学基金に「新型コロナウイルス支援基金」を設置いたしました。

 新型コロナウイルス支援基金の教育支援と研究支援の2つの事業のうち、研究支援事業では、新型コロナウイルスに関する国内外における重大な課題を、生命科学、自然科学、経済・社会学の立場から解決すべく、基礎から応用までの幅広い観点から研究を推進するための研究支援金として活用します。

熊本大学 新型コロナウイルス支援基金